リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 自己成長 > 「決めたこと」を「やる」というシンプルな鉄則を生かす威力

「決めたこと」を「やる」というシンプルな鉄則を生かす威力

より豊かでよりよい人生を歩む自己成長。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

仕事で成果を出したり、目標を達成していくには、
「決めたこと」を「やる」という自分との約束を果たす

という、ごく当たり前でシンプルな鉄則を守っていくことがポイントだと思います。

逆説的な鉄則としては、
仕事で成果を上げたくなかったり、目標達成に失敗したかったりするならば、
◆決められない
◆決めたことをやらない
◆決められない、やらない言い訳で自分や周りを説得する
を守っていくことだと思います。

a0002_004908

時間がないからできない。
忙しくて手が回らない。
電話がかかってきたり、来客があったりするなど、邪魔が入る。
人脈がない。
自信がない。

このような理由で、成果を出せなかったり、
決めたことをやれなかったりするのは、ある意味で事実だと思います。

その一方で、

それを言っていては、いつまで経っても期待通りの成果を上げられないし、
ほかの人の期待に応えられない自分から脱却できない。
人生も変えられない。

他の人のお決まりの行動は変えられないし、
自分に起きる出来事を制御することも難しいのですから、
結局は、自分が自分の人生に責任を持ち、
「どうやって、この環境・状況の中で成果を上げるか。」
「どうしたら、目標を達成できるだろうか。」
といった工夫を心がけたり、知恵を絞り続けたりすることでしか、よりよく生きられないのではないかと、自分自身に言い聞かせることがあります。

例えば、
私の場合、本業で忙しい中においても、子供たちと遊ぶ時間や、妻とのコミュニケーションを大切にしていきたいと思っています。
仕事が忙しくて、うっかりすると仕事ばっかりしてしまっていることもあって反省するケースがありますが、
「仕事が忙しいから仕方ない」
と、言い訳し始めたら
「それを言っちゃぁオシマイだ~」
だと思っています。

適切な睡眠時間を取りながら、家族との時間も楽しみながら、
仕事でも成果を上げ続ける。
なかなか難しいことではあると感じることもありますが、決してサジを投げずに知恵を絞り続ける中で、自分自身が磨かれて、結果的に仕事でより良い成果をあげられるように成長したり、意外なところで無駄な時間に気づいてより豊かで充実した人生へステップアップしたりするように感じています。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら