リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 自己成長 > 目標は他の人に宣言した方が達成しやすいのか?

目標は他の人に宣言した方が達成しやすいのか?

自分に合った目標達成へのプロセスを歩むサポート。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

2014年になってから2ヵ月が経過。
妻と「(月日が経つのは)早いね~」と会話しながら、
3月になって少しずつ春を感じています。

2014年がスタートするに当たって、立てた目標があります。
無事に1つ目はクリアーできました。
これから夏にかけて、また新しいチャレンジがスタートします。

ところで、
「こんな成果をつくろう!」
「〇〇〇ができるようになろう!」
「〇月◇日までにこんな自分になるぞ~」
とコミットメントしたり、目標を立てたりしたあと、

その目標を誰かに伝えていますか?
それとも自分の中に秘めていますか?

これはどちらが正解という話をしたいのではありません。

私自身、年間750回以上コーチングしている中で、様々なタイプのクライアントとお会いしますが、自分の立てた目標を他の人に伝えることで成果が出やすい人もいれば、逆に、他の人に伝えることで目標達成し難い人もいます。

実は、私は、20代後半の頃に受けた自己啓発セミナーで、

「目標設定したら、それを他の人に言いふらすとイイですよ。
 そうすることで、逃げられなくなり、嫌が上でも行動して、
 成果を創るまでやめられなくなりますからね。」

と教わり、

「確かにそうだな」

と思って、目標を立てて、家族や友達に言いまくりました。

その結果、私のようなタイプは逆効果で、
「僕はこんな目標を立てたんだ。頑張るよ~!」
と言ったら、相手から、
「大喜多君、スゴイ!素晴しいね!」
と褒められたら、それが気持ちよくて、目標達成することが目的ではなく、
いつのまにか大言壮語が目的となって、目標達成へ前進しませんでした(^_^;)

決して、セミナーで教わったことが間違っていた訳ではなく、
私の使い方、私の自制心の弱さが招いた失敗でした。

なので、私は自分のタイプを自覚して、今では、
ごく一部の人にしか自分の今年の目標を伝えていません。

『本当は大きな目標を持って努力している自分をほめてもらいたい・・・』
という自己重要感を満たす欲求を敢えて圧縮し、
他の人が見ていようとも、見ていなくとも、淡々と努力して結果を出す。
「目標達成した」という結果が出たら、自ずと知られる。

自分は「目標を他の人に言った方が有言実行しやすいタイプだ」
と、自分を知っている人はそれを続けていかれるとイイと思います。

一方、どうも自分は大言壮語することが目的となって、

「目標を立てたら終わりになっているタイプ」
「目標を他の人に発表したら終わりになっているタイプだな」

と感じているのであれば、そんな自分を承認し、自分らしい目標達成のプロセスを歩まれると、より好い人生に変わっていくかもしれません。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら