リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 自己成長 > 嫉妬や劣等感、不平不満から抜けられない10%の考え方

嫉妬や劣等感、不平不満から抜けられない10%の考え方

クライアントの強い意志を応援しています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

愚痴や不平不満、嫉妬心や劣等感にさいなまれているケースは、概ね、自分の「失敗」や自分の「思い通りにならない結果」を、自分の考え方や努力の不足とは思えていません。

そうしたケースは他人や環境に責任転嫁しています。
これは、「必ずそうなっている」と言っていいと思います。

人生とは10%が自分の身に起こる事で、
90%がそれに対して自分がどう反応するかできまる。
~チャールズ・スウィンドル~

自分の身に起こる事を変えようと躍起になっても、
その頑張りが自分の人生がよりよくなることにつながる可能性は10%。
自分の態度を改めることによって、人生がよりよくなる可能性は90%。

自分の態度に責任を取ること。
責任を取るからこそ自由が拡がる。

自分の「失敗」や自分の「思い通りにならない結果」に対して、自分で責任を取るには勇気が必要。
もし、自分で責任を取れず、他の人の所為や環境の所為にするような責任転嫁をしてしまっている場合、それは自己信頼が足りない証拠。
自分を信じる力が弱いから、他の所為にしたくなる。

ついつい、自分が蒔いた種であるにもかかわらず、他の人の所為にして自分で蒔いた種を刈り取ることを疎かにしてしまっていることに気づき反省しますが、少しでも自分の意思で生きていきたいものです。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら