リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 時間管理 > 間違いだらけの自己投資~何のためにお金をかける?~

間違いだらけの自己投資~何のためにお金をかける?~

100人100通りの仏教実践コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になり有難うございます。

 

独立・起業しても3年以内に廃業してしまうケースが9割と言われている今。

以下に必要とされるビジネスで売上アップしていくかに悩まれている方は少なくないかもしれません。

 

実は私自身も、コーチングで起業することを決めたものの、

業績が安定成長するまでに3年かかった経験があります。

そのころを思い出しながら、今日は「自益益他」のお話をさせて頂きたいと思います。

 

 

一攫千金を夢見ていませんか?

 

てっとり早く稼ごうと考えていませんか?

 

 

 人はだれでもお金持ちになって豊かに暮らしたいと思っています。

 

 しかし、どうやったらお金が稼げるか。その本質を見極めている人は意外と少ないのではないでしょうか。だから、一攫千金を夢見てあやしげなビジネスに手を出したり、十分知識がない金融商品を購入したりします。

 

 ビジネスの基本は自分だけが利益を得ようとするのではなく、取引先やクライアントとともに繁栄する〝お互いさま〟の視点、つまりwin‐winの関係が必要です。

 

 

 他人のために貢献できるように自分を磨き、努力することは遠回りのようでいて、じつは両方の利益につながり、稼ぐこともできるのです。人様のお役に立つことが自分の利益にもつながることを仏教では「自益益他(じやくやくた)」と言います。

 

 

 

 

 実体のないお金は結局あぶく銭

 

 

 

 派遣会社の営業マン、Bさんは27歳。将来、起業したいという希望があり、独立資金をつくるためにも、早くまとまったお金を稼ぎたいと思っていました。

 

 

 知人がFXや株取引で月に100万円も利益を上げていると聞き、たいした知識もないままスタートし、運用に失敗。結局、数カ月で数百万円の損失を出す始末です。妻にはあきれられ、離婚の危機に直面したことで、Bさんは手を引きました。

 

 

 親しい企業の社長に話すと「君は資産運用どころか、お金のことをまったく理解していない」としかられ、ファイナンシャルプランナー(FP)を紹介されました。

 

 

 FPはBさんの失敗を聞き、「あなたが投資だと思っていた行為はギャンブルと同じです。投資とはお金によい働きをしてもらうこと。自分の欲を満たすだけなら単なるギャンブルです。お金は、人に価値を提供した時に入ってくるもの。実体のないお金はしょせんあぶく銭ですよ」と諭されました。

 

 

 

 

 人に貢献できる力を磨くことが本当の自己投資

 

 

 

 手痛い失敗を通して、Bさんは自分のお金の使い方を見直しました。

 

 数多くのセミナーや講演会に参加し、本もたくさん読んでいたのはスキルアップのためでした。しかし、自己投資だと信じ、かなりのお金を費やしてきましたが、てっとり早く稼げる方法を探していただけだったのです。

 

 

 これからは、身近な人や将来の顧客に貢献するために学ぼう。

 

 

 取引先で従業員との人間関係に悩んでいる社長がいれば、自分が受講したセミナーで学んだコミュニケーションスキルや関連書籍のポイントを伝えるようにしました。

 

 多忙な社長にはとても喜ばれて信頼されたため、営業成績があがりました。

 

 

 本やセミナーもアウトプットを考えて、選択するようになりました。具体的な対象を想定したほうが勉強にも力が入り、実践的なのです。数年後、独立したBさんは、顧客本位のサービスが好評で、順調な滑り出しです。

 

 

 仏教では、自分の成長のために努力すること、人のために尽くすこと。この2つの実践を理想とします。「自益益他」とは、「世のため人のために役立つ人間になり、それを幸せだと感じられるようになりなさい」という教えです。自分だけの利益を追求せず、他の人や社会に貢献できる人こそ、稼ぐ力が身につけられるのです。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら