リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 時間管理 > 顧客の期待値を常に上回る時間短縮の仕事術

顧客の期待値を常に上回る時間短縮の仕事術

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

「この仕事を10日以内に仕上げてもらいたい」

と依頼があった場合、

10日で仕上げるように段取りする場合と、

1日でも早く仕上げてるように段取りする場合があるかと思います。

 

「この仕事を10日以内に仕上げてもらいたい」

と言われたから、

10日で仕上げたらいいようにも感じますが、

実際は7日とか5日とか、より短期間で仕上げた方が

『正解』である場合があります。

 

納期10日と言われて10日で仕上げた仕事は、

相手の期待値が1だとすると、1.0の仕事をしたことに。

 

一方、納期より短く仕事を仕上げて納品した場合、

相手の期待値が1だとすると、1.1の仕事をしたことに。

 

1.0×1.0×1.0×1.0×1.0×1.0×1.0×1.0=1.0

1.1×1.1×1.1×1.1×1.1×1.1×1.1×1.1>2.0

 

このように、何れ2倍の差として現れてくるのです。

 

なお、納期の守らないのは、

1.0×0.9×0.9×0.9×0.9×0.9×0.9×0.9<0.5

となり、信頼ガタ落ちであることは言うまでもないでしょう。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら