リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 時間管理 > 忙しくてテンテコ舞いの人生から抜け出すキッカケ

忙しくてテンテコ舞いの人生から抜け出すキッカケ

クライアントの人生の問題集を解く支援をしています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

中学生の頃、数学の「連立方程式」の問題が苦手だったのですが、
「自分は凡人だから反復練習を繰り返すしかない」
と思い、教科書や塾のテキストを何度も解く勉強に励んだことがありました。

そして、平均点以上の点をテストで取ることができるようになったのですが、数学がすごくできる幼馴染の友達には全然かないませんでした。
私には解けない問題でも彼は解いていました。
また、私が解ける問題でも、私より短時間に解くことができていました。

「その友達と自分は、生まれつき頭の仕組みが違うのだ」
と、諦めていた部分もあるのですが、数学が得意な友達を観察していると、私と決定的に違う一面を見つけたことがありまし。

それは、私は数学の問題を解くことが最終GOALだったのですが、
その友達は、1回解けた問題に対して、
「どうしたらもっと簡単に解けるだろうか?」
「もっと早く解く方法はないだろうか?」
を考えていたのです。

a0027_002774

私にとって衝撃的だったこの気づきが、
実は今、事業主となってから生きています。

事業主となった今、そして、
経営者のパートナーとして人材支援を仕事としている今、
「この仕事をもっと早くカンタンに成果を上げることはできないか?」
と智恵をしぼったり工夫することを意識することで、時間をより有効利用することになったり、忙しくてテンテコ舞いの人生から抜け出すキッカケをつくったりすることに役立っています。

つまり、

より短い時間、より少ない労力で、
より大きな成果を上げることに意識を持つので、
他より一歩前を行く結果につなげていくことができるのです。

私は決して数学を解く仕事をしている訳ではないのですが、
クライアントの人生の問題集を解く支援をしているので、
問題を解くことがGAOLではなく、問題を解くことで得られる豊かさを
今後もクライアントと一緒に探求していきたいと思います。

徹底的に自分を知るポジショニング・セッション

一覧に戻る

お問い合わせはこちら