リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 社員教育 > 怠け心や先延ばし癖をやめられる自律心の種

怠け心や先延ばし癖をやめられる自律心の種

クライアントの行動力を1万倍にあげる仕事をしています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
本日もよろしくお願いします。

 

自分ために出せる力と、

他の誰かのために出せる力を比べると、

どちらの方が大きいと経験されてきました?

 

 

私はかつて、父子家庭になったとき、

 

「僕は息子に十分な教育ができないかもしれない。

  でも、息子に自分の生き様・背中を見せることはできる。

  だから、常に息子を背中に感じ、息子に見せられる生き方を選択していこう。」

 

と、決断したことがあります。

そして、この決断が私の人生を変えたと言っても過言ではないと思います。

 

それまでの私は、家族の幸せも大切にする思いをもちんがらも、

どちらかというと

「自分の夢を叶えたい」

「自己実現したい」

のうな自分のため頑張っている傾向が強かったような気がします。

 

そして、自分ために・・・

では、ついつい今できることを先延ばししたり、

成果を上げられない言い訳をする弱さが出やすい傾向にあったと思います。

 

しかし、

 

「息子のために・・・」

のように、自分以外の人のために力を出そうと決めてからは、

怠け心や先延ばしの気持ちが出てきたりしても、

「恥ずかしい姿を息子に見せるわけにはいかない」

と、自律するようになってきました。

 

人間の言動の9割以上が無意識で行われている

と、言われますので、息子の目の前だけで「やっている振り」をしても無駄だと思い、完璧にはできず反省することが多々ありますが、四六時中意識する精進を続けています。

 

そして、確かに人生がより豊かで、より幸せに発展してきているんで、つくづく他の人のために生きることは素晴らしいと感じています。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら