リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 社員教育 > 八正道を生かしてせっかく忙しく働くなら成果・売上に繋がる働き方を

八正道を生かしてせっかく忙しく働くなら成果・売上に繋がる働き方を

クライアントの「何をどうしたら良いのか分からない」という状態が「何をどうしたら良いのかスッキリ分かる」状態へ変わるサポートをしています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

仕事をすることが目的になっていて、
仕事で成果を上げることを忘れてしまっていることがあるかもしれません。

 

例えば、

朝から晩まで仕事に時間を使っていて、
「忙しそうですね」
と、はたから見られたり言われたりするものの、売上が上がっていなかったり。

 

残業や休日出勤をたくさんしているものの、
営業成績が上がらず、目標達成ができていなくて、
「こんなに忙しいのに、まだ働けって言うのか・・・」
と、嘆いていたり。

 

a0990_000254

 

 

やはり、思いつくがままに仕事をしていたり、やりたい仕事ばかりを感情に任せてやっていたりすると、懸命に働いているものの成果がかがらないという状況を招きやすいと思います。

 

「無計画は失敗を招く」
と言われているように、自分に与えられた時間を始めとするリソースをどのように活用していくのかについて作戦を練り、やりたいことをやるスタイルから、成果を上げることを目指した本当にやりたいこと・やるべきことを優先的にできる自律心が重要だと思います。

 

他から邪魔をされたとか、成果の上がらない仕事ばかりを押し付けられる、とかの言い分もあるかもしれませんが、ビジネスの世界ではそれは言い訳。

なぜなら、顧客にはそんなことは関係ないから。

 

仏道の教えに中にある、八正道の「正見:原因と結果の法則」に基づいて、成果を上げるためにどのような種(原因)を巻いていくのかを考える。

 

また、同じく八正道の「正業」に基づいて、

「自分は決めたことをどれだけやっているか」
「今日の仕事のやり方は、感情のおもむくがままにやっていなかったか」
といった反省と改善をすることで、自律心が磨かれていく。

 

せっかくしそがしく仕事をするのであれば、
成果につながる、売上アップにつながる仕事のやり方をしたいものです。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら