リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 売上アップ > お金を稼いでいる人に対する意味付で図られる経済力アップの可能性

お金を稼いでいる人に対する意味付で図られる経済力アップの可能性

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

お金に対する罪悪感が強いと、

なかなか経済的に豊かになることは難しい

と、私自身の経験を振り返ると思います。

 

お金を稼いでいる人に対して、

「お金を稼いでいる」

という理由だけで悪いイメージを持つようでは、

自分自身がそのような人間に近づくことを抵抗するため、けっきょく経済力とは縁遠くなると学ばせてもらってきました。

 

一部の宗教では「お金を稼ぐ行為」が「悪行」としているケースがあるようですが、かつての仏教教団では大教団を運営していく上で金融業していたと言われています。

 

お金そのものが悪いのではなく、

・いかにして作り得たお金か

・お金の使い道は何か

をもとにして、お金・経済と向き合っていくことで、今の時代だからこそ磨かれる人間性があると思います。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら