リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 幸福と成功を両立させることを妨げる自分の想い・信念

幸福と成功を両立させることを妨げる自分の想い・信念

クライアントの人生の転換期に必要とされています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

人間は、自分の想い・念い通りの存在になっていく。

これは仏教の教えの1つです。

 

「自分自身はこんな存在だ」

と想った通りの人間へとシフトしていくのです。

 

仏教の「八正道の反省」の中に「正念」の反省があります。

これは、自分がいかなる想い・念いを抱いていきているのか、

どのような信念(何を正しいと信じているか)を点検し、

もし不幸に繋がるものを抱いているならば、それを変えていくものです。

 

人生とは、なかなか自分の思い通りに進まないこともあります。

嫌な人との出会いもあったり、

愛する人との別れもあったりします。

 

だから、

「自分は不運な人間だ」

とか

「世の中か敵ばかり」

とか

「信じる者はバカをみる」

のような自己防衛の信念を持ってしまいやすいかもしれません。

 

しかし、そうした想い・念いを抱いていると、

不安や恐れと一緒に生きていき、

幸福と成功を両立させることが難しくなりやすいです。

 

◆自分は幸運だ

◆世の中には協力者であふれている

◆人生はよくなるようにできている

 

こうした自分を幸福と成功に導く思考を採り入れてみると、

世の中の見え方、出来事からの感じ方が変わってくるものです。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら