リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 責任を取ってより自由な成果を得る考え方

責任を取ってより自由な成果を得る考え方

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

「責任を取ること」について、

クライアントと一緒に考えてみました。

 

例えば、従業員がミスをして顧客からクレームが来た場合、

管理者として上司が責任を取ることになる場合があります。

 

この場合、上司が

「部下が間違ったことをしたのだから、自分も悪い」

と考えて、顧客をフォローアップするのと、

「部下のミスをフォローすることも自分の仕事」

と考えて、顧客をフォローするのとは、違う成果が上がってきたり、上司や部下の感情も違ってくるかもしれません。

 

このように、「自分が責任を取る」を選択することは、

決して自分が悪いから対応するという、

罪悪感の表れとしての言動ではないのかもしれません。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら