リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > そこに見える相手の姿が自分自身の内側を映す鏡

そこに見える相手の姿が自分自身の内側を映す鏡

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

他の人を真剣に応援しているCさんがいたとします。

 

Cさんを見て、Aさんは

「ご自身の仕事も多忙な中で、他の人に自分の時間や力を与える素晴らしい人だ」

と、承認と尊敬のまなざしを向けました。

 

一方、Bさんは、

「忙しい中で、他の人に自分の時間や力をあそこまで提供するのには、きっと何か裏があるに違いない。本当は他からお金を受け取っているのではないか」

と、Cさんに疑いの視線を向けました。

 

Aさんの視点、Bさんの視点。どちらが正しいのか、どちらが真実なのかは分かりません。

その時々でしょう。

 

ただ、そこにあるのは、

AさんはAさんの内面を、Cさんを鏡として見ているかもしれません。

BさんはBさんの内面を、Cさんを鏡として見ているのかもしれません。

 

a0002_009249

 

自分の中で

「十分な報酬を貰えるのであれば、他の人の為に自分の時間や力を与える」

のが常識なのであれば、自分以外の人が自分の時間や力を他の人に与えているのを見ると、

「この人はきっとどこかから、充分な報酬を受け取っているのではないか」

と発想するのは当然なのかもしれません。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら