リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 本当に得たい結果を得ている人とそうでない人のコミュニケーションの違い

本当に得たい結果を得ている人とそうでない人のコミュニケーションの違い

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

自分が採っている言動と、

自分が求めている結果が一致しているでしょうか?

 

例えば、

 

なかなかやる気を出してこないように見える社員がいた場合、

事業主が求める結果は「社員のやる気を引き出すこと」だと思いますが、

採用している言動は「その社員を他の社員がいる前で怒る」だとした場合、

事業主が手にする結果は「ますますやる気が低下する」なのかもしれません。

 

自分が得たい結果は何か。

そして、それを得るために何を行い、何を言うべきか。

 

感情を晴らすことが目的なのか?

それとも、結果を得ることが目的なのか?

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら