リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 顧客も増えるし仕事がますます楽しくなるワンランク上のホスピタリティ

顧客も増えるし仕事がますます楽しくなるワンランク上のホスピタリティ

仕事が楽しくなる組織作りに貢献しています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

ついつい忙しくなってくると、

顧客からの要望に応えるだけの仕事に

なってしまうことがあるかもしれません。

 

また、顧客と契約した「こちらが提供するサービス」を、

契約通りに提供したことで仕事を完了していることに、

何の疑いも持たないでいることがあるかもしれません。

 

それが決して悪いことではないと思いますが、

事業成長に成功していた頃や、業績が右肩上がりで伸びていた頃を思い出して頂くと、ひょっとしたら一つ一つの仕事で顧客の期待を上回ろうとしていた自分がいたかもしれません。

 

また、自分の周りで仕事が順調に伸びていたり、繁盛している会社の『常識』と自分の会社の『常識』を比べていると、「当たり前にやっていることの基準の高さ」に違いがあるかもしれません。

 

顧客の要望以上のサービスを提供しようとすることは、時間が余計にかかったり、労力が必要となったり、それに伴って経費が増えたりすることがあるかもしれません。

だから、頭ではやった方が好いと分っていても、実際はなかなかできていない習慣が根付いていることが多いのかもしれません。

 

a0008_001865

 

 

では、なぜ、ワンランク上のサービス/ホスピタリティができている会社があるのでしょうか?

暇だからでしょうか?

資金が余分にあるからでしょうか?

人材が多いからでしょうか?

 

私の顧問先でワンランク上のサービス/ホスピタリティに関する研修・グループコーチングの準備をさせて頂く中で、経営者と一緒に気づかせてもらっていることは、

ワンランク上のサービス/ホスピタリティの実践を常識/習慣にできている組織は、ワンランク上のサービス/ホスピタリティを提供していく方が長い目で見たら仕事量が減ったり、仕事が楽しくなったり、会社も顧客も従業員にもメリットが大きいことを知っているということ。

 

短絡的に目の前の仕事が増えることや手間が面倒くさいと感じて、ひと手間を惜しむ場合、それが積もり積もって、後々に営業や販促活動の仕事が増えているかもしれません。

一方、少々の手間がかかっても、顧客に感動を与えるようなワンランク上のサービスを常に心がけている組織は、だんだんと仕事を取ってくる営業活動や販促活動、集客活動への手間が減ってくるといいます。

 

目線の違いで、本当に楽しい仕事をできるかどうかは、

自分が本当にやりたいことの中にあるのかも知れません。

人は誰もが他の人を喜ばせることに幸福を感じるものですから。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら