リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 社員に入魂!人材が気合の入った人財へと変わる面談力

社員に入魂!人材が気合の入った人財へと変わる面談力

従業員が気合を入れて仕事をするように変化を提供する顧問コーチ。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

先日、顧問先の工務店の社長と工事部長と面談させて頂いたとき、

仕事へのやる気が感じられない現場の社員について、

お二人がストレスがたまっているご様子でした。

 

その現場の社員の様子を社長や部長からお聴きするに、

「仕事を覚えていこうとする姿勢が見られない」

「お客様の立場に立てず、自己弁護してばかり」

「テキトーに働いていてもクビになることはないと、開き直っているのではないか…」

と、不安や不満をずいぶん感じていて、

「いったい、彼が何を考えているのか理解ができない」

とおっしゃっていました。

 

そこで私は、社長や部長の目から見えたものが全てではないと思い、

社長と部長の許可を得て、実際に、

問題視されている社員さんと対話させて頂くことにしました。

 

「この会社をより好くしていくお手伝いをするため、社長に顧問コーチとして雇って頂いてる大喜多と申します。今日は、社員さんの立場で会社について感じていることを教えて頂いたり、職場について思っていることを私が教えて頂きたく思い、面談のお時間を頂きました。」

と、社員さんにお会いする目的をお伝えした上でヒアリングさせて頂きました。

 

じっくり社員さんのお話に耳を傾けながら、

決して相手を否定せず、共感しながら傾聴し、

少しずつ心を開くコミュニケーションをとりました。

 

すると、

 

「仕事を覚えていこうとする姿勢が見られない」

「お客様の立場に立てず、自己弁護してばかり」

「テキトーに働いていてもクビになることはないと、開き直っているのではないか…」

と、社長や部長が見えていたり感じていたりした社員さんの言動の肯定的な理由が分かってきました。

 

つまり、なぜ、社員さんがそのような働く姿勢になってしまっているのかの理由や原因を把握することができました。

それを社長や部長にシェアしたところ、

「え!?そうだったのですか!」

と、驚かれていました。

 

a0002_011544

 

 

社員さんは決してやる気がなかった訳でもなく、成長意欲がないわけでもなく、

「給与さえもらえたらイイ、言われてこと以上のことはしない」

といった受け身のタイプでもなかったです。

 

むしろ、できることが増えていくことを希望していました。

少しでも会社やお客様に必要とされる人材になりたいと願っていました。

 

ただ、コミュニケーション能力が低く、仕事で分からないことがあっても上司に質問できなかったり、上司の仕事を見て覚えようとしたいものの、上司の邪魔をしないか心配でついつい引いてしまっている自分がいたのでした。

 

また、自分がどうも社長や部長から認められていないことを感じていて、

「僕はもしかしたら、この会社に必要とされていなくて、いない方がいいのかもしれない…」

とまで思い詰めていました。

 

そこで私は、この社員さんに、

「社長も部長もあなたを必要とされていますよ。だから、私が雇われて、こうしてお話をお伺いしに来ているのですよ。」

とお伝えしたところ、うっすら涙を浮かべていらっしゃいました。

 

こうした現状把握の後、社長と部長と相談の上で、

今後は継続的にこの社員さんと部長と私の三者面談を実施していくことになりました。

 

今日、社長に連絡をさせて頂いたところ、

「大喜多さんが面談して下さった社員の〇〇〇ですが、面談以後、とても気合れて働いていますわ~!」

と喜んでいただけました。

 

今後も、少しでも会社、組織内での誤解を解き、コミュニケーションの円滑化による社内活性化と社員のやる気アップ、自主性の向上、責任感アップをサポートしていこうと思います。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら