リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 自分がもう一人いてくれたらな…と、願う社長の社外番頭役を担う仕事

自分がもう一人いてくれたらな…と、願う社長の社外番頭役を担う仕事

小さい会社の社長の社外参謀役として、

社員を生かすサポートをさせて頂いています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

 

「自分がもう一人いてくれたら、ずいぶん助かるのにな…」

とおっしゃる社長のために、まるで社長の分身のように、社員さんとコミュニケーションをとって社員の考えていることを理解したり、社長の考えが社員に浸透するような関わりをもったりすることが、私の大切な仕事の1つです。

 

社長と社員が直接コミュニケーションをとって、お互いに理解を深めることが必要なこともありますが、人間はできることしかできませんので、今は時間がなかったり、社長の前では本音を話せない社員がいたりする場合、私が社長と社員の橋渡し役をさせて頂いています。

 

社長のことを誰よりも理解することに努め、

社員が言いたいことが社長に伝わるような風通しをつくったり、

社員が誤解していることを正していったり。

 

大手や中堅企業であれば、社長の考えや行動を要約したり解説したりする副社長や番頭役のような立場で、社員と社長との潤滑油を果たす人がいるケースがありますが、中小企業の場合はなかなかそうした人材が居なかったり、そうした人を雇えるだけのお金がなかったりすることもあります。

 

私が社外番頭役、社長の分身として、

社長と社員の潤滑油を果たさせて頂き、

社長には社長業に専念頂きたいと思って仕事をしています。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら