リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 自信があるからこそ自分を否定でき、自信がないからプライドに執着する

自信があるからこそ自分を否定でき、自信がないからプライドに執着する

去年までとは全く違う結果を作るパートナー。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

期待通りの売上額を上げられていないと感じるのであれば、

プライドを脇に置いて、

「自分と他の人では当社に対するの魅力にギャップがある」

「自分が評価するよりも他人が評価する当社の魅力は低い」

といったことを受け入れる勇気と謙虚さが要ると思います。

 

自分が提供している商品やサービス、

そして、自分自身に対する魅力が低いことを受け入れるのは

たいへん不快なものかもしれません。

 

しかし、

 

今の自分、今のプライド、今の商品・サービスのレベルを破壊したり否定したりすることから、より好いものが生まれたり創造されたりすることが始まると思います。

 

新しい建築物を建てるには、今、そこに建っている物をゴッソリ解体することが第一歩です。

今ある物への継ぎ足し・増築だけでは限界がきます。

 

a0002_000249

 

 

自信(自己信頼)があるからこそ自分を否定できる。

自信がないから、プライドに執着する。

 

もうワンランク上の自分・会社へステップアップしていく鍵は、

いかに勇気を持って今を否定できるかではないでしょうか。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら