リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 「相手を言い負かすことで心理的に優位に立ちたい」自分に負けない如実知見の教え

「相手を言い負かすことで心理的に優位に立ちたい」自分に負けない如実知見の教え

感情に流されて本当に得たい結果を得られないパターンを打破するメンタルサポートが得意です。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

仏教で「如実知見」という言葉があります。

「如実知見」とは、「ありのままに見る」ということです。

 

人間は先入観というものをそうとう持っています。

生まれ育ってきた環境、教育、思想や信条などによる、非常に強い偏見があります。

 

そして、

その偏見のある目で、いろいろなものを見るのです。

 

だから、

「自分は偏った見方をしているのではないか」

といった発想を持っていた方が、間違えに早めに気づきやすい部分があるかもしれません。

 

というのも、

家庭問題を始めとする人間関係のトラブルの大半は、

「自分は正しい」

という偏見が原因なのです。

 

相手の立場に立った見方ができず、

自己主張し過ぎているわけです。

 

a0002_004066

 

 

人間は「ありのままに見る」ことができていない・・・。

相手もそうかもしれないけど、まずは自分から省みよう。

相手は変えられない。自分は変えられる。

自分が変われば、自分が相手に与える影響が変わる…。

 

自分が正しいことをいくら主張して、

相手を言い負かしたところで、

本当の問題解決になるのでしょうか?

 

「言い負かすことで、心理的に優位に立ちたい」

のいう気持ちは、誰もが持っているものかもしれません。

 

しかし、

 

心理的に優位に立つことが、

自分が本当にほしい結果なのか?

自分が本当に達成したい成果は何なのか?

 

クライアントと一緒に、人間性を磨き器の大きい経営者となる道を実践的に学ばせてもらっています。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら