リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 相手を依存させる姿勢VS相手と自立したWin-Win関係を作る思考

相手を依存させる姿勢VS相手と自立したWin-Win関係を作る思考

従業員の自立と自発性を支援する仕事をしています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

私は、夕飯を家族で食べた後、子供と19時頃から30分程度、スーパーマリオWii Uなどのゲームをすることが多いです。

夜も仕事で自宅にいないことがあるので、家にいるときは17時から20時までは家族との時間と決めています。

 

そうしている中で気づかされてきたことは、

「子供と遊んであげる」だと依存関係
「子供と一緒に遊ぶ」だと自立関係

になるという傾向。

 

相手に依存されるのは嫌。

依存されていることへの被害者意識。

 

それらを作っているのも自分自身であり、

相手との自立したWin-Winの関係を構築するのも自分のあり方・姿勢が大きく影響いていると、改めて学ばせてもらっています。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら