リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > お客様の浮気を防ぐ農耕型マーケティングの実践ノウハウ

お客様の浮気を防ぐ農耕型マーケティングの実践ノウハウ

顧問先が既存客に浮気されることを防ぐことに貢献しています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

 

「これまで10年以上もお付き合いしてくださっていたA社長もB社長も、来月の車検を当社にではなく別の会社へ出されると言われました(T_T) 

もうショックでショックで・・・」

 

と、先月契約いただいた四日市にある顧問先の経営者から連絡を頂きました。

信頼関係をが構築できていると思っていた取引先が他社へ奪われるかたちになり落ち込んでいらっしゃいました。

 

私は早速、顧問先を訪問させて頂き、経営者をフォローアップする個別面談をさせていただきました。

他社へいってしまったお客様はしかたないので、ここから何を学び、どのような教訓に変えるのかが大事だと思いましたし、孤独な経営者のメンタルサポートも早く行ないたくて駆けつけました。

 

クライアントと対話する中で、

「自分自身も長年使っていたものをほかの変えた経験は何か?」

と視点を移動して、

「どんな心境、どんな動機で、人は今まで長く使っていたものを別の新しいものへ変更するのか?」

について一緒に考えました。

 

そして、

どうやら人間は、購入当初は

「なぜ、今の自分はこの商品やサービスが必要なのか」

「なぜ、今の自分はこの会社とお付き合いするのがベストなのか」

を認識しているものの、年月が経つにつれ、それが忘れてしまう事や飽きてしまう事があり、ほかの目新しいものや良さそうなものへ変えたくなる傾向があるように認識できてきました。

 

だったら、今後、自社の大切なお客様がほかの会社へどんどん移っていってしまのではなく、むしろ、他の会社に飽きてしまった見込み客を呼び込んでこれるような対応を施すことが、今後の発展繁栄の鍵だとわかってきました。

 

そこで、今からのお客様・今のお客様へ、改めて会社の強みや豆知識、ほかのお客さんの成功事例などの情報を分かち合うニュースレターを毎月発行していくサポートを行うことになりました。

 

ニュースレターとは、例えば以下のようなもので、売り込むのではなく「知っておいてもらいたいこと」を情報提供して、大切な方々のお役に立つためのツールです。

 

田形弁護士_ニュースレター

 

 

一回や二回、ニュースレターを発行しても効果的ではなく、

継続的に1年程度発行して、既存顧客やご縁を頂いた方々へお渡ししていくと、結果的に顧客が増えていきます。

まさに、農耕型マーケティングです。

 

 

私の顧問先には顧問料5万円の中にこのサービスを含めさせて頂いてて、顧問契約はされていないけどニュースレター作成を代行するサービスを利用されているお客様もいます。

 

もしご興味があれば、以下をご覧下さい。

 

あなたの強みを「ニュースレター」にして、お客様に送りませんか?

http://leaders-support.com/newsletter/

一覧に戻る

お問い合わせはこちら