リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 自分の性格の弱さを克服していく先にある人材育成

自分の性格の弱さを克服していく先にある人材育成

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

本日もお読みくださいましてありがとうございます。

  

「人を育てる」、「人を生かす」という課題を乗り越えるには、自分の性格の弱さを克服していく努力が必要です。

 

性格の弱さとは、例えば、

「この人の仕事のやり方や取り組み姿勢は間違っている」
と気づいていながらも、それを指摘することを恐れる部分であったり、

「この人にこれ以上関わっても、これ以上、成長する見込みはない」
と、相手を育てようと関わることを諦めたり、忍耐できなかったりする部分など。


『育児は育自』という言葉がありように、

人を育てることを通して、教育する側の「成長・変化することを志す姿勢」が求められていると、クライアントと一緒に自己成長を加速させる視点を磨いています。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら