リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 悩み事がないことが問題!?継続的な発展繁栄のカギ

悩み事がないことが問題!?継続的な発展繁栄のカギ

本来の自分とのズレに気付くメンタルサポートで事業者のお役に立っています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

今、特に悩み事がなくても、現状維持は衰退を招きますから、現状への問題意識を持っていることが、必要以上の大きな悩みをもたらすリスクを軽減すると思います。

来月や半年後といった短いスパンで見るのではなく、
3年後とか5年後に「どんな自分でありたいのか」「どのような変化をつくっていたいのか」のようなビジョンを描き、そこへ向けて一歩ずつ前進する上での問題意識を持つことが大切だと思います。

こうした問題意識が、今後のさらなる成長の課題に気づいたり、
「何をどう変えることがポイントなのか」
といった、次なる一手を決めることにつながると思います。

調子の好い時にしかできないことがあります。
調子が悪くなってきたときには、すでに投資ができなくなっていることもあります。

「悩みがないからOK]
ではなく、むしろ悩みがないことが問題であることに気付けるかどうかが継続的な発展繁栄のカギになると思います。

徹底的に自分を知るポジショニング・セッション

一覧に戻る

お問い合わせはこちら