リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 自分の人生、もう終わりだ・・・と、挫折が大きくなる原因

自分の人生、もう終わりだ・・・と、挫折が大きくなる原因

クライアントの折れない心、諦めない精神をバックアップしています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
本日もお読みくださいましてありがとうございます。

「自分にはこの道しかない」

と決めつけているが悩むを大きくしていることがあります。

例えば、自分が受験生だったころを思い出すと、
「この試験に合格しなかったら、もう自分の人生は負けだ」

と思い込んでいて、もし不合格だった場合のことを思うと寝られない夜もありました。


でも、今振り返ると、決して合格しなかったとしても、それで人生の負けが決まったわけではないと分かります。

 

例えば、
「この女性にフラれたら、もう人生が終わる」

と思い込んでいて、生きる気力を失ったこともありましたが、
今振り返ると、失恋しても人生の終わりはこなかったです。

 

例えば、中小企業の経営者や個人事業主が集まって、お互いの仕事を応援し合う異業種ビジネス交流会を発足させて、参加者の売上アップを促進することに成功していたものの、ある日、この組織の中でたいへん影響力のあるAさんが一身上の理由で退会することになったことがありました。


「Aさんが辞めてしまったら、この組織は崩壊するのではないか・・・」

と大変心配したこともありましたが、今振り返ると、Aさんが退会されて以降も組織は衰退することなく、むしろ成長し、参加者の売上アップを通して地域経済の活性化の一翼を担っています。

 

このように、大きな悩みに遭遇した際、
「人生は、ほんとうに、この道しかないのだろうか?」

と、疑って見て、
「人生には無数の道が開けている。」

と多角的な考え方をもつことで、必要以上に悩み苦しむことから解放されることがあります。

 

「失敗は成功の元」ですから、当然、人生でたくさんの成功を手に入れていく中で、ものすごくたくさんの失敗・挫折も経験するようになっています。

 

この一つひとつの失敗、挫折に対して、
「この失敗でもう人生が終わる」
と思っていたら、ストレスの多い毎日になっているかもしれません。

 

失敗、挫折に対応する考え方として、以下の仏道の教えが役に立つと思います。

挫折が大きくなる原因の1つとして、「自分の生きる道は1つしかない」ということがよくあります。

 

「これさえあれば」、あるいは「これしかない」という考え方もあるでしょうが、それは執着になることがあります。


そして、失敗したときに挫折が大きくなることがあるのです。

「自分は、もっともっと大きな可能性を持っている人間だ」
「生きる道は無数に存在している」
という視点を羽くれていることが、挫折を大きくしていることがあります。

a0050_000170

 

 

困難な出来事、期待しない出来事に遭遇したとき、逃げずに正面から向き合って解決する努力を図ると同時に、別の視点では、いつも新たらしい道を考えておくこと、可能性を開いておくことが無駄に悩みを大きくし過ぎることを止めてくれます。

 

困難に真正面からぶつかって、もし仮にダメだったとしても、自分の人生は終わるわけではない。
次なる道が開けるし、自分の選択できる道は無数にある

こうした考え方が縮こまった気持ちを大きくさせるカンフル剤として働き、自分に与えられた本来の力、フルパパフォーマンスをより発揮しやすい状態管理をもたらしてくれると思います。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら