リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 自分や他人が変化するには理由がある!自信の根源大公開

自分や他人が変化するには理由がある!自信の根源大公開

ブレない、ブレてもリバウンドする精神性の確立を。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

自分を変えていくことで、他の人に与える影響が変わっていきます。
そして、自分から放たれる影響の変化が、結果的に他の人を変えていくことにつながることが多いです。

そして、

自分を変えたり、他の人を変えたりする鍵となるものがあります。
それは、「自信」です。

劣等感や罪悪感にとらわれず、自信を強く持つことが、
自分を変え、人を変える源になります。

では、
自信の根源にあるものは何でしょうか?

学歴でしょうか?

家柄でしょうか?

◆先祖や親の職業でしょうか?

収入でしょうか?

◆社会的地位、国家資格でしょうか?

年齢でしょうか?

経験実績でしょうか?

これらを手に入れることで、一時的に自信が湧いてくることがあるのは事実ですし、私もその体験を重ねてきました。
自分との約束を守っていくことで自信が深まっていくことも事実であり、成功体験を重ねることが自信を深めるポイントです。

一方で、新しいことにチャレンジするなど、
「自分には無理かもしれない」
と思える出来事を乗り越える際の必要とする自信や、
「他の人から批判されたり、理解してもらえないことがある」
といった逆境の最中にあるときには、上記に基づいた自信はあまり有効的な働きをしてくれないこともあります。

では、根本的に何を信じていることが
自信、いわゆる自己信頼の基盤となるのでしょうか?

a0001_011518

それは・・・

本当の自信の根源は、
「自分に与えられた命に対する確信」

だと思います。

自分が生まれてきたのには肯定的な意味があるし、自分は必要とされて生まれてきていること。
さらに、何かの使命を担って生まれてきていること。

これを強く信じ、確信を深められれば深められるほど、勇気が湧いてきますし、肯定的に自分の人生と向き合えるようになると感じています。

人生は一時的に他の人から批判されたり、誤解されたりすることもあるかもしれませんが、そんな中でも自分という存在の尊さを理解している人は、落ち込むことはあってもリバウンドしてきます。
挫折を経験しても、そこから教訓を得て、さらに強く復活してきます。

なかなか上手くいかない現実があったり、
他の人に理解してもらえないもどかしさがあったり、
期待通りの結果を創れない無力感を得たりすることがあるかもしれません。

しかし、そんな時こそ、
自分が生まれてきたのには肯定的な意味があるし、自分は必要とされて生まれてきていること。
さらに、何かの使命を担って生まれてきている。

という手綱は手放してはなりません。

このように、
本当の強さを掴むには、
目に見えないところにある真実を受け入れることがカギだと思います。

小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら