リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 理不尽な出来事、嫌な人との出会いを能動的に乗り越える思考法

理不尽な出来事、嫌な人との出会いを能動的に乗り越える思考法

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

仕事でも私生活でも、色々な出来事が起こると思います。
期待する好い出来事もあれば、そうでない出来事もあると思います。

好い人の出会うこともあれば、そうでない出会いもあるかもしれません。
嫌な人と出会うけど、好い人とは別れることになる。
そんな辛い出来事もあるかもしれません。

妥当、正当だと感じる出来事もあれば、
理不尽な出来事のように感じることもあると思います。

a0001_016740

そうした人生の中で、
私がマスターから学ばせて頂き、常々大事にようと心がけていることは、

『人生とは10%が自分の身に起こる出来事で、残りの90%はそれに対してどう自分が反応するかで決まる。』

ということです。

様々な出来事に対して、その出来事にどのような意味づけをして、
どのような反応をして、どのような姿勢・態度を選択するのか。

私たちは無意識にそれを一瞬のうちに行っているのですが、
意識して出来事の意味を考え、選択できる反応を考え、
どんな姿勢・態度を選ぶことが自分にとってベストなのかを考える。

こうして考えることから
人生をコントロールしていくことが可能な部分があると思います。
容易なことでは無いケースも少なくないと感じていますが、
努力によって「コントロールできる幅」が増えていくのも事実だと感じています。

例えば、
自分にとって不都合な出来事が起こったとした場合、

『この出来事が今の自分に必要な出来事として起こった理由は何か?』
『なぜ、この出来事が今の自分にとってベストなのか?』

を考えたり瞑想したりいて、その答えを自分なりに想定できたならば、
それが出来事に立ち向かう目的と化し、たとえ不都合に感じる出来事であったとしても、
能動的に取り組む姿勢を選択する自分が現れてくるように感じています。

被害者意識を持たない方が豊かで幸福で成功しやすいことは、
多くの人が知っていることだと思います。

不平不満、愚痴、泣き言、言い訳を言っていても、
同情されることはあっても、また、同じ者同士でツルムことはできるかもしれませんが、
決して自分が救われることはないし、豊かに成功していくことはないと、
多くの人が知っていると思います。

しかし、
私も含めて、人間は弱い面があり、
うっかりすると、失敗する自分を選択していることがあります。

与えられた出来事に対して、
「この出来事が今の自分にとって必要な肯定的な理由は何か?」
のように考えて、自ら答えを仮定して、その理由に応えること目的として、
能動的な人生を選択していく。

そうすることが、幸せに生きる義務を果たす起点になるのではないでしょうか。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら