リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > ポジティブで前向きに生きていく力を邪魔するものを解消!

ポジティブで前向きに生きていく力を邪魔するものを解消!

自分を許す力が前向きに生きる力になります。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

たまに、自分だけの自由な時間を作り、
自分が感じていることと向き合ったり、
心に残っている出来事を振り返ったりするようにしています。

 

日常生活や職場において、自分の外側に意識を向ける機会が多く、
自分の内側を見たり感じたりすることが、おろそかになりがち。

 

自分を知ることで分かりや他人を理解しやすくなることも多く、
忙しい中においてでも、自分だけの時間を作ることや
孤独な時間を優先的に設けるようにしています。

 

 

自分だけの時間を通して、

自分を知ったり、

自分を感じたり、

自分と向き合ったりしてみると、

「自分が自分のことを責めているケース【罪悪感】
「ダメな自分、劣っているところに縮こまっているケース【劣等感】
「取り越し苦労、もっと不幸な出来事がこれから起こるのではないかと心配しているケース【不安】

 

などに気づくことが少なくないです。

 

 

例えば、
「あのときの、あの発言はちょっと不味かったな・・・」
とか、
「もっとこうしていたら、成功していたかもしれないな・・・」
とか、
「あの人にまた怒られるんじゃないかな・・・」
とか
「あの人、本当に嫌な人だなぁ・・・」
とか・・・。

 

 

このような恐れる心が、
ポジティブで前向きに生きていく力を弱めたり、
自信や勇気を奪ったりします。

 

つまり、

 

自分の内側に現れてくる「恐れる心」、
罪悪感・劣等感・不安と定期的に向き合って、解放していくことが、
日々の生活や仕事でよりよい成果を出すことや、
フルパフォーマンスを発揮することにつながるのです。

 

 

では、どうやって恐れを解放・解消するのでしょうか?

 

 

1つの有効な手法は、
『自分を許すこと』
です。

 

間違った行動や言葉使いをした自分がいた場合、
その言動は反省するとして、
深い動機を見つめてみると、決して真っ黒な悪であるケースは稀です。


ほとんどの場合、全てと言ってもイイかと思いますが、肯定的な動機があります。

間違った言動をしてしまったけど、
その動機の部分においては、決して悪気があったわけではない。


そんな自分を理解して、許していきます。

 

 

また、

他の人を恐れていたり、
今後、さらに不幸になりそうな出来事が起こることへの不安については、
今のセルフイメージが小さ過ぎることが要因であることが多いです。

 

この場合は、自分のダメなところだけに目が向けられていることがあるので、
自分をもっとさばけた目で見ることが大事です。

「自分もそうまんざらではない」という見方もあることを知るわけです。

 

「あの点が悪い」「この点ができていなかった」
という見方もあると思いますが、
「自分も誰かのお役に立ってきたし、必要とされてきた」
という見方もあると思います。

 

こうしてセルフイメージを少しずつ上げる努力を続けることで、
今まで怖かったことをいつの間にか忘れている自分に気づくと思います。

 

私とコーチング契約されているクライアントの中には、私と対話する時間を使って、自分自身と向き合ったり、自分を感じたり、自分に起こった出来事を振り返ったりするようにして、精神的な充電をされたり、マイナスの思い込み・マインドブロックを解消したり、出来事から教訓を得て、より前向きにスピードアップされる機会にされているケースもあります。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら