リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 不動で常勝の自己を確立していく攻めの生き方

不動で常勝の自己を確立していく攻めの生き方

「決断+勇気ある行動+忍耐」をベースにクライアントの自己実現を支援してます。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
お立ち寄りくださり感謝します。

「今年はこうなるぞ!」
「これを達成するぞ!」
と、目標を立てて、挑戦し、一所懸命に行動し始めると、
多くの場合、スーッと期待通りの結果を得られることは少なく、失敗したり、期待していない出来事・壁に遭遇したりするものではないでしょうか。

なぜなら、
挑戦しているからです。

やったことのないこと。
成功した経験のないこと。
そうした新しいことにチャレンジするからには、最初から上手くいくケースは少なく、「できない」という経験を繰り返しながら、そこから学び、期待通りの成果を得ていく。
そうしたプロセスが成功の王道であることは、多くの人がご存じのとおりです。

なので、

「失敗を恐れずに行動しよう!」
とよく言われているかと思いますが、いざ、手痛い思いをしてしまうと、行動が鈍化したり、やる気が削がれたりして、安全な生き方を選択している(失敗を避けようとしている)自分で一年が過ぎてしまうこともあるかもしれません。

私の仕事の1つの柱は、
クライアントが
「これをやった方がイイと、分かっているけどできないこと」
を行動に移していけるように変化して頂くこと。

なので、クライアントに上っ面で「やりましょう!」と支援しているだけではクライアントの力になれないので、私自身も目標を立てて挑戦し続けることで「行動し続けること」の壁を乗り越える経験を重ねて智恵を深めて、クライアントに接しているつもりです。

そんな中で
「失敗を恐れずに行動すること」
について考えたことがあります。

「失敗を恐れずに行動すること、挑戦し続けること」とは、
『失敗から学び、成功へ繋げる学びを得て、次の一手を打っていくこと』
であり、
『仮に失敗して失点をしたとしても、その体験から成功の種を得て、失点した以上に次なる一手で逆転するだけの得点をすることを目指す』
ということだと考えています。

a0002_000366

1点も失点しないことを目指して生きると、
必ず守りの姿勢、自己防衛の姿勢が顕著となり、
痛い想いをすることはなくても、成功すること・人生が飛躍していく機会もない。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら