リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > 人間関係 > 未経験なことに先立つ不安と起死回生の一手

未経験なことに先立つ不安と起死回生の一手

クライアントの感情のコントロールをサポートしています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

やったことがない・未経験なことへの不安が先立ち、
一歩を踏み出すことを躊躇する。
決断を先延ばしにする。決意できない。

その結果、

想像する以上の怖い事態は起こらないようにすること、
そして、自分自身が今よりも不幸になることを回避することには成功している。

だけど、

本当に期待していること、
抱いている希望を叶えることは夢のまた夢である状況は変えられず、
ワンランク上へステップアップすることには失敗している。

つまり、全然人生を変えられていない。
過去の延長線上で、未来に希望を持てない。

そんな自分を認めるのは嫌で、
逃げている自分とは向き合わないように誤魔化して生きている分、
すっきりしないモヤっとした感覚が心を重くする。

いったい何のために生きているのか。

そう自問自答してみると、
自分が本当に大切にしたいものに気づくかもしれません。

チャレンジすることでしか変われない自分がいないか?
チャレンジして生きることでしか見えない世界があるのではないか?
一歩踏み出す勇気を持たずして、変えられない未来があるのではないか?

そう、

人生を変えられるか変えられないかの選択権は、
既に自分自身にだけ与えられていて、
それをいつ発動するかも、自分自身。

自分の人生の主人公になる日。
それはいつでしょう?

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら