リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 自信100倍!やりたいと思っていることを確実に実行する技術

自信100倍!やりたいと思っていることを確実に実行する技術

自分を知るメンタルサポートでクライアントの自己実現に貢献しています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

先ほど、30代男性の営業マンとの個別コーチングを実施しました。

スタートしてから3か月が経ったところで、

「以前よりずいぶん自信がつきました。婚活にも手ごたえを感じているし、仕事も去年に比べ成績がずいぶん好調です。」

と、コーチングの効果を実感して頂いています。

 

「自信をつける上で何が効果的だったのか?」

を一緒に確認したところ、

「やりたいと思っていたことを、実際に一つずつやっていけたこと」

「やる!と決めたことを、実行して結果をつくったこと」

と振り返ることができました。

 

やはり、

自分自身との約束を果たすことで自己信頼が深まる

ということを確認することができました。

 

そこで、

 

ますます自信をつけながら、

人生を具体的に変化させていくことを目指して、

クライアントがやりたいと思っていることを10個リストアップする

ことをフォローをしました。

 

リストアップしたものを眺めながら、次のように質問しました。

「この中で、絶対にやらなければならないと感じているものはどれですか?」

「この中で、絶対にやりたいと思っているものはどれですか?」

「この中で、やりたい・やった方がイイと思っているものはどれですか?」

 

すると、クライアントは

「そう言われてみると・・・」

と、10個のリストアップした項目を分類していき、

こう気づかれました。

 

「やった方がイイ」とか「やりたいな~」とか「できたらやりたい…」のようなレベルの気持ちでは、日々の忙しさに流されて時間をつくれず、けっきょく実行できずに残っている。

そして、決めたことをできていないことに気づくと、罪悪感が湧いてきて、自信を傷つけてしまっているな…

 

 a1180_012678

 

 

そして、

 

「やった方がイイ」とか「やりたいな~」とか「できたらやりたい…」のようなレベルのやりたいことリストは、実は別の視点で見れば、「本当はやりたくない」と思っている自分がいるのかもな…

 

と気づきを深められていました。

 

たとえば、

「夜型人間から朝型人間に変わりたいなぁ…」

と思っているものの、それができていない場合、

「朝眠たいのを押し切ってまでして、朝型人間にはなりたくない」

と強く思っている自分がいることを表しているのかもしれません。

 

このように、

「やりたいこと」を実際に「実行している」へ変えていくには、

まずは自分を知ることです。

 

自分を知ることで、やりたいことを実行していくための

戦略と戦術は100人100通りの視点から見えてくるものなのです。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら