リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 「この仕事を通して何を与えるのか」「何のために生きるのか」

「この仕事を通して何を与えるのか」「何のために生きるのか」

理念経営を応援しています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

本日もお読みくださいましてありがとうございます。

 

会社の理念を定めることが、

ブレない経営をする上で必要なことだとも思います。

 

「この会社が存続しなければならない理由」

「この仕事を通して何を与えるのか」

を決めておくと、仕事上の判断に迷ったときに使えます。

 

つまり、

「どちらが得するか」

を判断基準にして決めるのではなく、

「どちらが、理念に合っているのか」

で決定する方が仕事は上手くいくものではないでしょうか。

 

ただ、この仕事の理念、経営理念を決める前提として、

「自分は何のために生きるのか」

という自分自身の生きる軸が土台として存在していること、

自分自身の生きる軸をベースに仕事の理念、経営理念が存在していることが大切だと思います。

 

なぜなら、仕事をするためだけに生まれてきた訳ではないと思うからです。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら