リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 自分はダメなんだ・・・と落ち込む深層心理はなんと!自己防衛!!

自分はダメなんだ・・・と落ち込む深層心理はなんと!自己防衛!!

自分の実力を受け入れる勇気から見えてくる次なる一手を提供しています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

100mを13秒台で走れるようになりたいのだけど、今の自分は14秒00を切ることができない。
『なんて自分なダメなんだ・・・』

と、自己否定に陥っている人に会ったことはありますか?

腕立て伏せを30回したいのだけど、今の自分は10回がするのでやっと。
『なんて自分なダメなんだ・・・』

と、自己卑下している人に会ったことはありますか?

体力的な不足で自己否定したり自己卑下している人は
あまり多くないように思います。

「まぁ、今の自分はこんなものかな・・・」
と、今の自分を受け入れている人が、ほとんどではないでしょうか。

一方、

1日の計画、1週間の計画、1ヶ月の計画を立てたのだけど、
全然思い通りに進まないし、決めたことをキッチリできない自分がいる。
『なんて自分なダメなんだ・・・』
と、自分の内面を責めたり、自己否定に陥っている人は少なくないかもしれません。

また、

毎日、本を読む時間を10分取ろう!
と決めて始めたけど、1週間が経過した頃から続かなくなった。
『なんて自分はダメなんだ・・・』
と、自信喪失している人は少なくないかもしれません。

a0001_015867

このように、私たちは、
体力的な実力不足については素直に受け入れやすいかもしれませんが、
精神的な力不足については受け入れ難く、むしろ、自己否定しやすいかもしれません。

その背景には、
「精神力が弱く、自分を律することができない弱い自分を受け入れたり、認めたりしてしまうと、ますます弱い自分になってしまうかもしれない・・・」
という恐れが原因であるケースが多いです。

しかし、

実際に、
「精神力が弱く、自分を律することができない弱い自分」
を本格的に変えていくための第一ステップは、
「精神力が弱く、自分を律することができない弱い自分を裁かずに、まるごと受け入れる」
です。

ネガティブでもなく、ポジディブでもなく、
ただただニュートラルに、
「今の自分の実力はこれぐらいなんだな(^_-)-☆」
と受け入れる。

そして、
「今の自分の実力で、ますます豊かでよりよい人生、より好い成果や結果を得るためには、どうしていこうか」

と、創意工夫知恵をしぼることに頭を使うことで、
『なんて自分はダメなんだ・・・』
というマイナス思考に巻き込まれたり、自己否定の渦から脱却するキッカケになったりします。

要するに、
『なんて自分はダメなんだ・・・』
という思考になると、
『どうしたら、この状況、この自分をポジティブに変えられるか?』
と考えることを辞める傾向になりますので、時間が経っても苦しみが続きます。

そう、ここまでお読みになって、
気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は、

『なんて自分はダメなんだ・・・』
と落ち込んだり、自分を責めたりすることを無意識に選択する深層心理は、
「今の自分を変えたくない」
という意思の表れであることが多いのです。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら