リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 4戦ともコールド負けする宿敵にも勝てるように変われる信念の力!

4戦ともコールド負けする宿敵にも勝てるように変われる信念の力!

自分を信じる力をジワジワ上げていくことで奇跡のような変化を起こす。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

二男が所属している少年硬式野球チームの公式戦がありました。
そして、2回戦でSベースボールクラブと対戦しました。

実は、Sベースボールクラブとは今シーズン4回対戦し、
全てコールド負け。
相手には10点以上取られ、自チームの得点は2点以下。
つまり、惨敗続きでした。

「もう、Sベースボールクラブと対戦しても勝てっこないな・・・」
と、子供たちの中にもあきらめムードが漂う中、監督やコーチ陣は、
「今度こそ絶対に勝つぞ!」
と、覇気をチームに持たせ、守備やバッティング、走塁などの練習を重ねて今日を迎えました。

IMG_2034

その結果、本日は、
「6対5」で勝利!

これまでの試合は、
「対戦相手が強豪だ」
というプレッシャーからか、相手が猛攻を仕掛けてくる前にエラーを連発して、自滅していくケースが目立ったのですが、今日は違いました。

僅差での勝利が物語っているように、
最後まで諦めることとなく、
プレッシャーにも打ち勝って、勝機を引き寄せた。

今回の子供たちの成果から学ばせてもらうことがたくさんあります。

■過去の成績がどうであろうと、自分を信じ、仲間を信じ、明るい未来を信じて、コツコツと自助努力することの威力。
■これまでは弱かったかもしれない。でも、これからも弱いとは限らない。努力次第で、十分に強くなることはできる。
■対戦相手と戦っているよう見えるが、自分自身と戦っている部分が大きい。
■たとえチームのほとんどのメンバーが諦めていても、1人が希望を持ち、それを態度で示していくと、周りは変わっていく。

・・・などなど。

子供たちは本日、宿敵に勝利したことよりも更に大きな、
人生に勝利していく法則を学んだのかもしれません。
少なくとも、私自身は彼らのお陰でたくさん学ばせてもらっています。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら