リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 聴き上手になることを阻んでいる強い思い込み・マインドブロック

聴き上手になることを阻んでいる強い思い込み・マインドブロック

思い込みを変えるメンタルサポートをしています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

相手の話を聞いていて、
相手の言っていること、話の内容がよく分からないのだけど、
『話を理解できないことが相手に伝わってしまったら失礼になる』
と思い込んでいると、相手の話を表面的にしか聞けないことがあります。

例えば、ある営業マンをコーチングさせて頂いた際、
「お客さんの話を聞いていて、理解できない部分があっては、お客さんに不快な思いをさせる」
のような考えをしていることが明るみになってきました。

お客さんの懐に飛び来い、お客さんの深い要望を聴きとることができると、営業の成果はあげやすくなると思います。
お客さんの深い要望を聴きとるためには、お客さんの話に関心を持ちじっくり聴くことで、
「これはどういうことかな?」
「この部分は具体的には何を意味されているのだろうか?」
のような疑問が自然と湧いてきて、それを質問することで、お客さんとの距離を縮めていくことができます。

しかし、

お客さんの話を傾聴しているものの、
「話が分からないと不快な思いをさせてしまう」
という恐れが強いと、お客さんの話を深く突っ込むような質問が湧いてきません。

一所懸命に聞き上手になろうとしているんのだけど、
なかなか結果が伴ってこない。。。
と、お感じになっている場合、もしかすると、お客さんの話を聴いてはいるものの、
「相手の話の中で疑問を持つこと。相手に自分がわかっていない部分を説明しすることは、ダメなことではないか。」
のような信念、思い込みをもていることが、聞き上手になることを妨げているかもしれません。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。

小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら