リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 陰で批判されたり冷笑される人間である覚悟

陰で批判されたり冷笑される人間である覚悟

途中で心が折れずに自己実現を果たすお手伝いをしています。
100人100通りの戦略コーチングの大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

人に嫌われたり、批判されたり、冷笑されたり、冷たい視線を向けられたりすることは、決して快いものではありません。

しかし、世の中に必要とされ続ける付加価値の高い仕事をしていくには、そうした叩かれることを耐える時期がどうしても必要であると思います。

他の人と違った発想をしたり、違う行動を取ったり、違う意見を言ったりすると、組織の中に居る他の人から、すぐに叩かれて、潰されそうになった経験をされた人は少なくないかもしれません。

付加価値の高い仕事をするためには、今までとは全く逆のことを発想したり、これまでとは全く違う方向へ進みだす勇気が必要なのですが、既得権益に執着する人からすると、今までの成功とは別の方へ扇動されるような恐れが湧いてきて、
「変な奴だ」
と、批判されることがあります。

ただ、

一時的に「変な奴だ」と批判されたり、「あいつのやっていることはダメだ」と叩かれたりしていても、その仕事で成果・業績をたくさん上げていくと、何も言われなくなります。

だから、人の批判に耐え、勇気を持って、やってのけなければいけないことがたくさんあると思います。

「他の人に批判された」
「あの人たちに反対された」
と、被害者になって、相手の所為にして行動を辞めているようでは、自己実現していきません。

もちろん、非難される内容の一部にはまっとうな意見が存在するケースがあるので、それらに耳を傾ける謙虚さは大切です。

しかし、耳を傾けることと、言いなりになることは全く違います。

成功者になるということは、
嫉妬されることを含めて、
批判されたり、冷笑されたり、冷たい視線を浴びたりすることは付き物であると受け入れて、アイデアをだし、行動し、それを実現していく勇気が必要です。

そして、周りの批判に負けない「強い個性」と「自己信頼」をもって努力していくことで、いずれ実績が証明してくれると思います。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント

一覧に戻る

お問い合わせはこちら