リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > とんでもなくピンチな時もチャンスにしてしまう思考法

とんでもなくピンチな時もチャンスにしてしまう思考法

中国発 新型コロナウイルスの影響によって、仕事の面でも厳しい状況が続いているかもしれません。

こうした有事の際には特に、ポジティブな思考・プラス思考が重要です。

 

では、ポジティブとは何でしょうか?


前向きのこと?
積極的であること?
明るいこと?

 

 

前向きであることや積極的であること、明るいことはとても大事なことだと思います。


ただ、人によって「前向き」「積極的」「明るい」の度合いは違ってきます。

自分では「前向き」な思考と態度と行動をとっているつもりでも、他の人から見ると「後ろ向きでネガティブ」な場合もあるかもしれません。

 

そこで、ポジティブとは何かを明確にしてみたいと思います。

 

それは、
「どうしたらできるかを常に考える」
です。

 

「どうしたら良いかを考える」
ではなく、
「どうしたらできるかを考える」
です。

 

どうしたら良いかを考えると、
「まぁ、こんな状況だから、これで良いか…」
と妥協をしてしまうことがあるので注意です。

 

そうではなくて、
「この状況において、どうしたらできるか?」
を考え続けることがポジティブな思考です。

 

ピンチはチャンスと言いますが、
実際にこの有事の状況をチャンスに変えていく人は
「どうしたらできるか?」
をずーっと考え続けて、行動に移しているのでしょう。

 

このように、適切な問い掛けを自分にすることで、自分の思考をコントロールすることができます。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら