リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 不満、憂鬱、心配事など、多くの悩みを作り出している判断力

不満、憂鬱、心配事など、多くの悩みを作り出している判断力

 

人が悩んでしまう理由の一つに、「判断しすぎる心」があると思います。

 

この仕事に意味があるとかないとか、あの人と比べて自分が優れているとか劣っているとか・・・。

そういった「判断」や「思い込み」。

 

「どうせ自分なんか」という劣等感も判断でしょう。

「失敗した」「ついてない」「最悪」という失望や落胆も判断。

「上手くいかないのでは?」という取り越し苦労も判断です。

 

これらの判断が、不満、憂鬱、心配事など、たくさんの悩みを作り出します。

 

仏教では、

人が苦しみを感じる時、その心には必ず「執着」がある

と教えています。

 

「判断」している自分に気づき、

「判断」という執着を見つけ、

「判断」している自分を捨ててみる。

 

例えば、

「自分に欠点がある」ということに苦しんでいるならば、

「欠点がることがダメだ」と判断している自分に気づいてみる。

そして、その判断を捨ててみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、

「欠点とはその人にって欠かせない点。欠点があるからこそ成長できる。」

という考え方を選択できる心のゆとりが生まれてくるかもしれません。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら