リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 部下に慕われるかどうかは重要か?

部下に慕われるかどうかは重要か?

あけましておめでとうございます!

仏教を活かした100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。


旧年中も大変お世話になりありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

さて、袖振り合うも多生の縁。
今年もこのブログが皆様のお役に立てれば幸いです。

 

■┳■┳■━━━━━━━━━━━━━━━━━■┳■┳■

 「好き嫌い」は相手が決めること。

 

 例えば、職場で部下があなたを慕うか、慕わないかは、
 部下が勝手に決めることです。

■┻■┻■━━━━━━━━━━━━━━━━━■┻■┻■

 

「仕事とは相手のために役立つことをする」が原則です。
そして、コミュニケーションは「相手が喜ぶように話す」が基本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

もともとが
「相手の立場」で「相手を喜ばせるため」
の行為です。

 

 

だから、

 

相手に好かれるかどうか、慕われるかどうかは、その結果の話です。

あなたのとった行為が相手のためになったら、
自然と相手はあなたを慕うかもしれませんし、慕わないかもしれません。


それは、他人が勝手に決めること。
あなたが関与する問題ではありません。

 

「好かれるかどうか」
という相手の問題に意識を傾けるのではなく、
「相手の立場で相手の役に立つために、自分がどうするべきか?」
という、仕事の基本・人間関係の基本に立ち返ることが大事ではないでしょか。

 

以上です。
最後までお読みくださいましてありがとうございました。
今年も素晴らしい一年にすべく、善き種をまいていきましょう。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら