リーダーズサポート・大喜多 健吾のコーチングは、プロコーチ育成のためのティチャー&コーチング・起業家のためのパーソナルコーチング・企業参謀役としてのビジネスコーチングを行っております。

BLOG/NEWSブログ

トップ > コーチング > 早期離職者を防止する新常識「採用面接=第1回社員研修」

早期離職者を防止する新常識「採用面接=第1回社員研修」

100人100通りの人材育成プログラムで退職者を激減させ、スタッフ一人ひとりが主体的に考え、働く組織を作るお手伝いをしています。

仏教を無理なく活用するコーチングの大喜多です。

 

スタッフを中途採用する際、採用面接をされると思います。

そして、採用後には自社に馴染むように、そして戦力として活躍してもらえるように、スタッフ研修を実施したり、先輩社員が新人に1対1で付いてフォローする会社が多いのではないでしょうか。

 

 

「何か分からないことがあったら、遠慮なく質問してね。」

とだけ新しく入ったスタッフに伝え、具体的な教育研修や定期的な面談などのフォローアップを行わないでいると、早期退職者が増えたり、やる気のあったスタッフだった筈なのに、いつの間にかモチベーションダウンしているケースがございます。

 

実は、何事も初めが肝心。

入社してきたスタッフは「何が分らないかもわからない」状態です。

たとえ、即戦力となるスタッフを採用したとしても、会社が違えば仕事のやり方も違ったり、組織の文化は10社100通りです。スタッフを放置することは危険です。

 

手取り足取り教えることができなくても、せめて定期的に面談する機会は設けて、話をじっくり聴いてあげたり、

「こんなこと聞いても良いのかな…」

と、思っているような質問でも受け付けて、新人が組織に馴染むようなフォローが大事です。

 

ちなみに、私は採用面接時から社員研修は始まっていると考えています。

面接に来られた求職者に、経営者のビジョンを伝えたり、

「この会社ではどう働くことが正解なのか?その理由は何か?」

などを解いて、それに賛同したスタッフを採用することが、入社後にすぐ辞めるような事態を招かない歯止めになったり、採用後もやる気を持続させるキッカケになったりすものです。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら