一覧に戻る

「相手に伝わったことが自分が伝えたこと」がコミュニケーションの前提

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

自分が伝えたことと、伝わったことに違いが生じる場合があります。

その際、「自分の伝えたこと」を必要以上に主張したり、

自分の伝えたとおりに受け取らなかった相手を責めたりすると、

人間関係に関するストレスに苦しむ結果をもたらす可能性が高いです。

 

a0001_011490

 

 

どちらが悪いといった、勝ち負けでコミュニケーションをとるのではなく、

「伝わったことが自分が伝えたこと」という前提も持ちながら、

相手との分かち合いを通して理解し合えることを目指す先に、

『人を動かす』

とか、

『信頼構築』

とか、

『良好な人間関係』

などの、自分が得たい成果があるのかもしれません。

 

[info]