一覧に戻る

悩み事や苦難すらもチャンスや経営資源に変えてしまう仏教の「空」

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
本日もお立ち寄りくださいましてありがとうございます

 

「この世的なるものは、本質的なるもの、実体のあるものではない。

霊的世界、つまり、あの世の世界にあるものこそが実在であって、

この世は仮の存在である」

という世界の仕組みを解き明かした思想が、

仏教の「空」の思想です。 

 

 これは要するに、

 

人間の実体は霊・魂であり、

肉体が自分自身ではない。

肉体は仮の姿である。

 

人間は肉体に魂を宿して生まれてきて、

限られたこの世の人生の中で少しでも魂が向上するように、

少しでも人格が上がるように魂修行をしている。

 

という教えです。

 

 

この教えは、

問題や壁に遭遇したり、逆境の最中にある時に、

視点や凝り固まった思考を切り替える際に役立つと、

私は実感しています。

 

例えば、

 

かつて、私は

ビジネスの拠点を広島から実家のある三重へ移動させた頃、

広島で効果的だったマーケティング方法を三重で活用しても、

期待通りの結果が得られず悩んだことがありました。

 

そんなときに「空」の教えをを思い出し、

「この苦難が与えられたことは、私自身の人格を向上させる上で、どのような意味があるのか?」

を考えるようになりました。

 

もしくは、

「この苦しみからポジティブに学ぶことは何か?」

という視点を持つようにしました。

 

 その結果、

◆Webマーケティングに偏り過ぎていて、人と会う機会が少ないのかもしれない

◆人脈、ネットワークが薄いのかもしれない

◆ローカルエリアのマーケティング方法の理解が浅いのかもしれない

 

・・・などの反省が多々でてきて、それらを一つひとつ解決していくことで、自ずと悩みが解決していきました。

 

さらに、こうして成功した私は、

ローカルエリアでローコストにてマーケティングする方法や考え方をまとめることができ、ますますクライアントの役に立てる幅や深さが増して、結果的に自分自身のビジネスの拡大へ繋がりました。

 

「できごとには全て意味がある」

と言われますが、空の教えを活かすことで、

出来事から適切な意味を受け取り、悩みや問題すらもチャンスに変えてしまうことができるように実感しています。

 

[info]