一覧に戻る

無限の可能性があるけどできない経験をしたときどうするか?

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

目標達成、自己実現には法則があります。
つまり、
「どうしたら目標達成できるのか」
「どうしたら自己実現できるのか」
について、明確なルールがあるということです。

まず始めに、
「絶対にこの目標を達成する!」
という強いコミットメント、決意が必須です。

強い決意、想いがスタートです。
想いが現実を捻じ曲げていきます。

続いて、綿密な計画です。
計画しないで行動することは、
失敗を計画することだと言われています。

あとは、計画に沿って行動していくこと。
計画通りに進まないことがよくあるので、その度に計画の修正・改善をしつつ、
何が計画の修正を招いたのかについて反省し、自己成長や仕組みの改善に取り組みます。

大まかな目標達成のプロセスは以上ですが、
やはりこれを推し進めていくには忍耐が必要です。
つまり、結果が出るまで継続することです。

すぐに結果を得たいところではありますが、
そうも順調に行かないケースが少なくありません。

自分を信じて、自分の可能性を信じて、
「自分ならできる!」
と行動したものの、
「あれ?できなかった・・・」
と、失敗経験を得ることもあります。

こんなときに特に大事なポイントは、
「やっぱり自分はダメなんだ・・・」
と、ダメな自分、自信のない自分を信じて生きていくのか、
それとも、
「あれ?おかしいな、できなかったぞ。何が違っていたのかな?」
と、あくまで「デキる自分を信じる」という自己信頼を曲げずに、反省をするのかです。

前者の場合、行動は止まっていきます。
いつの間にか、目標を忘れ去っていたり、
「本当は達成したい目標じゃなかったんだよ~」
と自己弁護しているかもしれません。

一方で、後者の場合、
「想い・決意が十分でなかった」
「計画が曖昧だった」
「事前準備が不十分だった」
などの反省を介して、
「なるほど、だからうまくできなかったのだ。よし、次はこうしよう!」
と、次なる一手へ前進できます。そして、自信を失いません。

このように、
できない経験をすることは、
誰にもあることだと思います。
そうした経験を平等にしながら、人生の質が変わっていくのには理由があります。

以上です。
最後までお読みくださいまして有難うございます。
小冊子プレゼント