一覧に戻る

豊かな人生を送りたい!大切なのは「どう考えるかです」

心理学ではなく、仏教の考え方を取り入れた

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

お立ち寄りくださりありがとうございます。

 

仏教の教えを1つご紹介します。

■┳■┳■━━━━━━━━━━━━━━━━━■┳■┳■

大切なのはどう考えるかです。
結局、人間は自分の考えたようにしかなりませんから。

■┻■┻■━━━━━━━━━━━━━━━━━■┻■┻■

 

この教えを活用した事例をご紹介します。

 

【38歳 個人事業主の男性Aさん】

 

この1年を振り返り、まだまだ経済的に余裕があるわけではなかったので

2018年はますます仕事が増えて、充実した1年にすることを目標にされていました。

 

そこで現状分析をするため、
「十分な受注が取れず、経済的余裕が少ないのはなぜだろう?」と、

『受注が少ない状況がもたらされている』という被害意識を持つのではなく、
「収入が少ない状況を自分が選択して創りだしている」
という仮説を立てて、自分自身の内面を観察するサポートをしました。

 

すると、

 

経済的余裕を増やすには、仕事(受注)を増やす必要がある。

仕事が増えると、自分が好きに使える時間が減る。

自分が好きに使える時間が減ると、他の顧客や家族に迷惑をかける。

他の顧客や家族に迷惑をかけると、自分自身の存在価値が下がる。

不快な人生になる。

だから、仕事を増やすことに抵抗がある。

 

このように、表面意識の奥で、

経済的余裕を選択したくない考えがあることが分かってきました。

 

 

なので、クライアントと一緒に、
こうした一つひとつの思い込み(思考パターン)を見つめ直し、

「仕事が増えると不自由になるのは本当か?」
「本当に自分が手に入れたいものを得られる考え方は何か?」

を客観的に分析し、

本当に自分が歩みたい人生になる考え方選択するフォローをしました。

 

私たちは普段の生活で考えていること(表面意識)の更に奥で考えていることに気付かず、

「どうして自分の人生はこうなってしまうのだろうか?」

と、悶々とした不安やストレスを感じることが少なくないかもしれません。

 

一度立ち止まって、自分の内面を見つめてみると、

「自分が考えている通りの人生を歩んでいる」

と気付くかもしれません。