自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 社内のコミュニケーション活性化を図るトップの役割

社内のコミュニケーション活性化を図るトップの役割

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

社員からの積極的な発言を期待して、

「社長にいつでも話しかけてきていいぞ」

「会社に意見がある人は、遠慮なく言って来てもらいたい」

と、社内にアナウンスしているものの、誰も何も言ってこない。

どうしてうちの社員は受け身なのだろうか?

 

こんな悩みをお持ちのクライアントがいらっしゃいました。

 

そして、クライアントと一緒に社員の立場で

「何がそうさせているのか?」

を考えてみると、

やはり、なかなか下から上に意見していくことは壁があることが分かってきました。

 

だから、社長が社員から意見してもらう機会を待っているのではなく、社長から積極的にコミュニケーションをとっていくことが大事なのだと分かってきました。

 

社員から社長にコミュニケーションを取りに来てもらうことを待っているのは、社長がサボっていると誤解されるかもしれません。

社長から率先垂範する姿勢が社内のコミュニケーションの活性化に好影響を与えるのでしょう。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション