自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 明るい心であろうとする姿勢と自分の心を自ら制御する力

明るい心であろうとする姿勢と自分の心を自ら制御する力

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。
いつもお世話になりありがとうございます。

 

人の心はおもしろいもので、

自分が暗くてネガティブな気持ちでいるときに、明るくて楽しそうな人を見たら、不快感を抱くことがあります。

逆に、自分が明るくてポジティブな気持ちでいるときに、明るくて楽しそうな人を見たら、ますます好い気持ちになることがあります。

 

仏教で波長同通の法則があるのように、

はやり心の状態に応じた者同士が引き寄せられるもの。

 

明るい者同士は引き寄せられ、

明るい者と暗い者は合わないので、

「相手が逃げていくか、自分が引いていくか」

のどちらかになるでしょう。

 

環境や出来事に、自分の心の状態が影響されずに居ることは難しいですが、

「自分の心は今、明るいか?それとも暗いか?」

に気づき次第、明るい心であろうとする姿勢を選択しようと思いたいものです。

 

あの人の所為で、自分は気分を害しているのだ。

あの嫌な出来事があったおかげで、自分は今、不快なのだ。

・・・のように思うのは、一部正解なのかもしれませんが、そのように他の人の所為にしたり、環境の所為に責任転嫁したりしているようでは、なかなか自分の心を自ら制御するような力は育まれていきません。

 

筋肉と同じで、心を制御する力は、すぐにつくものではありませんが、少しずつ鍛えてレベルを上げていこうと思うことで、だんだんと変化がついてくるものです。

 

自分の機嫌を他の人にとってもらおうと願っていても、なかなか思い通りにはなり難いものです。

自分で自分の内面を磨いていこうと考え方を切りかえるところから、明るく生きる道が開かれるのかもしれません。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション