自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 人を動かすことが上手い人とそうでない人の違い

人を動かすことが上手い人とそうでない人の違い

会社に入り込んで社員のやる気や自発性を上げる仕事をしています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

「人を使うのが上手い人は、人に使われるのが上手い。」

という法則をご存知ですか?

 

人を上手く動かそうと思えば、自ら率先して人のために動くことが必要ということです。

逆に、人のために動くことが嫌な人は、人を動かすことが下手な傾向があるのです。

 

これには2つの意味があります。

 

1つ目は、自分が部下だったときに、上司に上手く使われることを意識したり、主体的に人のために動いてきたりした人は、どういう言い方や態度を採れば気持ちよく人が動くのかを、自分の経験と照らし合わせて理解する力が磨かれています。

 

2つ目は、人を動かすには、

動かす側の人間も相手のために動く意識を持つことが大事

ということです。

 

権限や命令だけでは人を自発的に動かすことに限界が生じてきます。

人の心は力だけではコントロールできないのです。

だから、人を気持ちよく動かして、自立してできるだけ高いパフォーマンスを発揮してもらえるようにするには、人を動かす側の人間は「人を動かす」というより「人を生かす」「人を成功させる」という意識が必要です。

 

自分の成績を上げるためだけや、自分が怠けたりするために、人を使おうとする動機では、なかなか人を動かすことは難しいです。

自分も勝つことだけではなく、相手も勝たせることを考えること。

つまり、自分も相手のために動こうとする考え方が、人を動かすポイントになります。

 

仏教で波長導通の法則があります。

ことわざで「類は友を呼ぶ」があります。

似たような考え方の人間が同じグループに集まりやすいということです。

 

こうした意味においても、

人を上手く動かそうと思えば、自ら率先して人のために動くこと

を当然としている人が、人を動かすことが上手い傾向になると実感しています。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション