自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 積極的で肯定的な思考VS.現状への安住に正当性を持たせる思考

積極的で肯定的な思考VS.現状への安住に正当性を持たせる思考

思い込み・メンタルブロックを必要に応じて変えるメンタルサポーター。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

気が付かないうちに、ついつい現状維持を選択する思考になっていることがあるかもしれません。

 

諸行無常のこの世の中において、現状維持を選択することが苦しみの種になることを知っていたとしても、変化を恐れて今の成功に執着してしまうことがあるかもしれません。

 

また、

 

決して今の生活、今の仕事内容、今の報酬に満足していなかったとしても、今より悪くなることを恐れて、今より好くなることへのチャレンジを先延ばししていることがあるのかもしれません。

 

a0070_000193 

 

 

例えば、

今まで大勢の前でスピーチする機会なんて無かった人に、「スピーチの仕事」が来たとき、

 

「そんなことは自分には無理だ」

「私にはそのようなスキルも能力もない」

 

と、できない理由をたくさん並べたり、

 

「そのような仕事を自分がやらなければならない意味が分からない」

「そんな仕事をやっても無駄だ」

 

と、やらないことへの正当性を持たせたりしているのは、

結局、今の自分に執着している現れであり、現状維持を選択することへご最もそうな言い訳を使って、自分自身や周囲を説得している状態かもしれません。

 

現状維持、現状への安住を良しとする思考が働いていると、

あらゆる新しい試みは、どれも「壁」に見えてしまうものです。

 

経験したことのない仕事が与えられたり、「自分には無理ではないか」と思えるような機会が巡ってきたりすることがありますが、

「そんなことをしても無駄だ」

と否定的な見方をするだけではなく、

「何か肯定的な意味があるのかもしれない」

「自分に必要な出来事なのかもしれない」

と、まずやってみる積極的で肯定的な思考を選択している自分で会った方が、豊かな未来が開けてくるかもしれません。

 

想いが自分をつくりますから。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション