自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 組織にいても組織の力になることを邪魔する自我

組織にいても組織の力になることを邪魔する自我

仕事でやる気になれずに困っている人を救済しています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

組織に所属する個人一人ひとりが、

好き勝手に「これが正しい」と思うことをやっても、

1+1=2

の力も発揮されず、

組織で努力を分担して成果を倍増させることにつなげ難いです。

 

リーダーがビジョンを掲げて

「こっちに進もう」と方針を示したとしても、

方針に賛同できなかったり、考え方が違うと感じることともあるかもしれませんが、

 

リーダーが示した方針とは違うことをするのが、

後ろ向きな姿勢なのかもしれません。

 

本人としては自分の言動に正当性があり、決してネガティブな言動をしていないと思っていても、リーダーの示した方向性や方針とは違うこと、逆のことを選択している姿勢は、他の人から「後ろ向きな人」「ネガティブな人」と判断されてることが少なくないと思います。

 

a1510_000018

 

 

もちろん、リーダーの言いなりになることが全て善な訳ではないですし、

リーダーと方針について議論することも時には必要だと思います。

 

その一方で、

 

反発することが本当に自分にとって価値ある選択なのか?

組織に所属して、一人では達成できない大きな成果を上げようとする一員であるもののして、自分が納得できることをするのと、リーダーを成功させることをするのとでは、ごちらが自分にとってメリットが大きいのか?

 

自我が強すぎることで、

仕事でも損をしていることに、

なかなか自分で気づけないものなのかもしれません。

 

自分がリーダーの立場であるならば、

組織の方針に強制的に従わせた方が組織としての成果が上がりやすいのか、

それとも、時間や労力はかかるけど、ビジョンと方針を納得できるようにしつこく説明することが懸命なのか。

 

自分が所属する組織にリーダーが立っているならば、自分がリーダーのビジョンや方針に対してどのような態度や姿勢を取ることが、自分を含めてた調和と発展をもたらすのか。 

 

自分の本当に得たい成果を得るためには、自分が多少やりたくないことでも実行できる器がいるのかもしれません。

 

因果の理法に則って、

正しく見れる自分であることを、

クライアントと一緒に学ばせてもらっています。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション