自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > すぐに使える目標達成へやる気を引き出すコツ

すぐに使える目標達成へやる気を引き出すコツ

無理だと思っていたことができるようにするパートナー。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。

 

やる気を引き出すコツの1つをお話したいと思います。

これは自分自身のやる気を引き出すだけではなく、自分が関わる人(他人)のやる気を引き出すカギとしてもご活用いただけると思います。

 

そのコツとは、

達成した目標や得たい成果・結果を手に入れられる可能性を実感すること

です。

 

「ひょっとしたら、この目標は達成できるのでは…」

「難しいと思っていたけど、自分にもがんばれば手に入る成果だな…」

と、可能性を感じたときに、やる気のスイッチが押されます。

 が

逆に、

「これは絶対に達成できない目標だ」

「頑張ってもどうせ無理だよ」

と、目標達成の可能性を感じられなかったり、手に入れたいものが手に入る感触がゼロの場合、なかなかやる気は湧いてこないものです。

 

では、どうしたら達成した目標や得たい成果・結果を手に入れられる可能性を実感することができるのでしょうか?

 

そのヒントの1つは、

達成したい目標の細分化です。

 

例えば、先日、お伺いした私の顧問先の保険会社で働いている営業マンの場合、前年に比べ20%アップの売り上げ目標を達成することが会社から求められているのですが、どうがんばっても達成できる見込みを感じられず、やる気になれないでいらっしゃいました。

 

そこで、私と一緒に、20%の売上アップを果たすストーリーを考えました。

つまり、一気に売上20%アップする方法を考えるのではなく、最終目標が達成されるまでの階段を一段ずつ考えることを意識してみました。

 

・既存顧客のリストを整理

・見込み客のリストを整理

・見込み客を集めるためのセミナーの開催

・セミナーに集客のための継続的な人脈開拓

・見込み客や既存顧客にお役立ち情報の定期配信

・既存顧客の継続フォロー

などなど

 

できる、できないは別にして、最終目標達成に一歩でも近づけそうなことをどんどん上げて(ブレイストーミング)、それらをどのような段取りで実施していくのかを整理するお手伝いをしました。

 

すると、最初は曇り顔のクライアントでしたが、

「お!これは達成できるのでは…」

と思い始めたようで、明るい顔の中にどこか気合いを感じさせる様子に変わっていました。

 

決して、今回考えた段取り通りに、ストーリー通りに目標達成できなかったとしても、目標達成を信じて一歩一歩行動していくことで、必ず自己実現していくものです。

私はクライアントが目標達成や自己実現できる可能性を実感するストーリーを考えて、伝えることが得意なので、クライアントは私と話しているだけなのにやる気のスイッチが押されているわけです。

 

成功とは、自分の予期せぬ方向やタイミングで好機が与えられて達成されていくものだと経験してきました。

ただし、達成を信じて行動していない限り、成功する好機は与えられません。

 

成功するストーリーを想像・創造することです。

それが正しいかは重要ではなく、勘違いでもいいので、

「ひょっとしたら、この目標は達成できるのでは…」

「難しいと思っていたけど、自分にもがんばれば手に入る成果だな…」

と実感できたらやる気がわいてくるので、勝利への道が開けます。

 

「あ、それならできそう…」

と、いかに目標達成に向けた第一歩目を簡単に実感できるのかで、

目標達成への道に入れるか、そうでないのかが決まります。

 

千里の道も一歩から。

成功、目標達成のストーリーを作ったもの勝ちなのです。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション