自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 「社員が何を考えているのか分からない」を解消するグループコーチング

「社員が何を考えているのか分からない」を解消するグループコーチング

小さい会社の社長の社外参謀役として、

社員を生かすサポートをさせて頂いています。
100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

 

社長が不安を感じることの1つが、

「社員が何を考えているのか分からない」

が挙げられます。

 

社員がどのようなビジョンを持っているのか。

社員が何を目指して働いているのか。

そうしたことが、よく把握できなくて心配を募らせる社長さんのお話をお聴きすることが少なくありません。

 

先日、お伺いさせて頂いた顧問先の社長も、

「大喜多さんのコーチングを受けてから、お陰様で悩み事が10分の1になりました。ただ、なかなか社員が何を考えているのか、そして、何を目指しているのかが分からなくて不安なのです…」

と、私にだけ正直な気持ちを開示してくださいました。

 

 そこで、私がご提案させて頂いたサービスが、

「グループコーチングによる社内のコミュニケーションの活性化」

です。

 

私の仕事の1つが、

社長と社員がお互いに理解し合えることを促す橋渡し

です。

 

橋渡しの手段は複数あります。

 

社長と社員と私の三者面談の場を設けて、私の促しに乗って、社長と社員がだんだんと打ち解けてきて正直な気持ちや考えていることを分かち合うサポートをしたり、私が社内会議でファシリテーター(司会進行役のようなもの)をさせて頂いて、社長も含めた社員同士が何を考えているのかを理解し合うデスカッションの場を提供させて頂いたりしています。

 

昨日のクライアントの場合、 私と社長と

特に気になる社員、キーマンとなる社員とランチを食べながら、

「お互いにどのようなビジョンを持っているのか」

「お互いに会社をどうなっていくことを願っているのか」

 をザックバランに話し合う場をつくるサポートをさせて頂きました。

 

すると、

 

社長も社員も

「新店舗を国道の目立つところに出したい」

という共通の未来ビジョンを持っていることが分かり、

共感を呼び、一気に親近感が強まった機会となりました。

 

社員に社長が

「君が何を考えているのかを話してよ」

と、質問するだけでは、社員が警戒して十分な会話ができないこともあります。

 

お互いがお互いを尊重し合う気持ちで、

安心して会話ができる空間をつくり、

歩み寄ろうとする姿勢から払しょくされる不安があると、

クライアントと一緒に学ばせてもらっています。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション