自分を変える戦略コーチング|リーダーズサポート大喜多 健吾オフィシャルサイト

  • 個別相談
  • お気軽にお電話ください:059-202-5045

コーチングブログ

トップ > コーチングブログ > 企画・提案する人の器や責任感の大きさを図る質問

企画・提案する人の器や責任感の大きさを図る質問

組織の活性化をサポートしています。

100人100通りの戦略コーチング!大喜多健吾です。

いつもお世話になりありがとうございます。 

 

会社や組織、グループをより良くするためのポイントが思いつき、企画・提案すること自体は、わりに簡単な事なのかもしれません。

 

実際、私が顧問先で一般社員、パートスタッフらと対話させて頂くと、彼ら・彼女らの中には経営者に対して、

「こういくことをやったらどうでしょうか?」

「こういう新しい取組みがいいのではないでしょうか?」

「これを止めて、代わりにこうしてはどうでしょうか?」

のような意見を持っている人はいらっしゃいます。

 

一方で、

 

「では、あなたが責任をもってそれをやってくれますか?」

と、経営者から依頼されたときに、

「分かりました。私がやります。」

と、言えるところまで内容を煮詰めておけるかどうかは、人によってまちまち。

 

「意見を求められて意見したり、提案したりするのは良いけど、それを任されるのは嫌だから、発言はやめておこう」

「じゃ、あなたがこれをやって下さい・・・、何て言われるぐらいなら、言わない方がマシだ。」

という考えをされている方もいらっしゃいます。

 

「提案はするけど、TOPからそれをやれって言われるのは嫌だから、提案しない。」

「でも、言いたいことがあるから、社長や上司には言わず、決して責任を問われない同僚や友達に【もっとこうしたら良いのにね~】と言ったりする」

このような考え方は理解できないこともありません。

もしかすると、誰の中にも少なからずあることなのかもしれません。

 

ただ、

 

会社や組織に必要とされる人材や、

仮にその会社や組織がなくなってから別の会社へ転職したり、新しく自分で事業を起こしたりする際に、必要とされる人材に成長していくには、

 

企画・提案には、

「あなたがやりなさい」

といわれたときに、それを引き受けられるところまで考えを煮詰めておくことが大事だと思います。

 

仏教で

「言うは易く行うは難し」

といった教えがあり、ことわざとして聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

「企画・提案」 を言うことは簡単。

でも、それを行うことは難しい。

 

簡単なところだけ責任を取り、さらに、行うことの責任も取れるだけの人間性・器が豊かさをもたらすと感じています。

 

徹底的に自分を知る ポジショニングセッション